banner

吹き抜けのある住宅

神奈川で吹き抜けのある注文住宅を建てる

注文住宅の良さは、既成の概念にとらわれずに、自分の家族が使いやすいように自分の家を建てられるところにあります。たとえば神奈川では海が近く、また都市部では夜景がきれいだったり、様々な環境に合わせてこれを楽しめる家を建てられるところが注文住宅の魅力でしょう。

特に、神奈川に限らず日本においては、その四季折々の気候や風土に合わせ、様々な機能を家に盛り込ませることが必要になります。寒さを防ぐ断熱効果や、太陽の光を最大限利用する南向きの大きな窓などは、標準的な住宅にも含まれていますが、費用の関係や工期の関係から、その場所場所に応じた最大限の効果を発揮できない場合もあるのが難点です。

注文住宅では、その場所や使い勝手に応じた様々なアイディアを盛り込むことが可能になります。注文住宅の中でも特に多いのが収納の改善と、空間の改善です。どちらも、狭い日本の土地の中で最大限家の中を広く使おうとするアイディアから生まれています。

特に空間の改善については、玄関やリビングの天井を吹き抜けにすることで高い天井を実現し、広い空間を確保するとともに、家の中をすべて見渡せるようにし、子供たちの様子などの家族の動静を確認できることが最大のメリットです。天井に窓を配置すれば自然の柔らかい光を家の中に取り入れることが出来、家の中が明るくなり電気代の節約にもなります。

神奈川のように海の近いところでは海が見えることも一つのメリットになります。この自然の利点を生かした注文住宅の中には、海に面した場所に吹き抜けと窓を配置し、海の風を必要に応じて取り入れることで家の中の快適性を確保している場合もあります。夜景を楽しむために、吹き抜けとロフトを配置してロフトの上から夜景を楽しめるようにしたり、個性的な家の実現が可能となるのです。

また、神奈川は横浜を中核都市に持つことから外国人の居住も多く、おしゃれな住宅もたくさんある街です。その為、注文住宅の中には外国人を招いた時のために通常の家よりも天井や敷居を高く、また解放感を持たせるために吹き抜けを採用している家もたくさんあります。

このように、注文住宅は渋滞の既成の日本の住宅では実現しえなかったその地域への適合や、住む人の個性を生かした住まいの実現が可能になります。

外国の文化に触れる機会が多く、急速にライフスタイルが変化する神奈川のような場所にとっては、自分の個性を生かせる注文住宅はこれからの主流になってゆくことでしょう。

Copyright(c) 2014 神奈川で注文住宅を建てるときにオプションを導入するAll Rights Reserved.