メインイメージ

企業サイト構築

企業サイト構築の為のホームページ作成方法

企業サイトを作成する場合、サイトの性格によって構築するべき構造が異なってきます。
ホームページ作成を行うには、企業サイトとしてどのように運用していくのかを決め、メンテナンスがしやすい環境を構築していく必要があります。
オンラインショップの構造は、トップページに商品一覧をコンテンツとして掲載するケースが多いです。

また、最新の商品情報や顧客への重要なお知らせを表示するスペースを確保している事もあります。
商品一覧ページからは、各商品の詳細な情報を得る事が出来る詳細ページを用意しています。
ここで、消費者は、商品の細かなスペックを知り、購入の判断材料として活用でき、購入するのであれば、ショッピングカートに追加するボタンを押す事で、購入リストを更新していく事が可能です。

商品を選択し終わったら、支払いページで購入する商品のリストを確定して注文出来るようになっています。
一方で、企業サイトには、様々な分野の情報を提供する情報サイトを運営している事があります。
情報サイトの場合は、新着情報から順に情報を掲載していくシステムになっており、情報を詳しく知りたい場合には、情報の見出しを箇条書きにしているリンク部分から各情報詳細ページへ移動する事になります。

ホームページ作成では、企業サイトのスタイルを把握して制作手法を選んで作業を進めていきます。
オンラインショップや情報サイトなどのように、大量のページ出力が必要になる場合には、CMSのようなツールを使うのが有効です。

CMSは、記事や画像などのコンテンツを効率的に管理する為に開発されたツールであり、オンラインショップや情報サイトで行う事の大半の作業が出来るようにライブラリが揃っています。
サイトの規模によってCMSを使ったホームページ作成を行っていく事で、メンテナンス性の高いサイト作りが出来るようになり、テンプレートの編集やアドオンの追加によって、高機能なサイトを構築していく事が可能です。
ホームページ作成では、配色やレイアウトによってサイトのイメージが変わってきます。

配色は、販売する商品、企業のブランドなどに応じて、色の組み合わせを考えていくと良いでしょう。
また、イベントに応じて配色を変えていけば、サイトにアクセスした人々がどのような日であるかと認識しやすいです。
レイアウトは、カラムの数やグリッドの数によって、見易さが変わってきますので、企業サイトのスタイルに合わせてレイアウトを選択していくと良いです。”