メインイメージ

スマートフォン対応

スマートフォン対応のサイトを構築する為のホームページ作成

企業サイトは、PC向けのWebサイトを構築する事が多いです。
一方で、近年では、ネットユーザーの多くがスマートフォンやタブレット端末を所持しており、これらのモバイル端末からサイトにアクセスする事も多いです。
ホームページ作成を行う際には、デバイス利用に応じた制作を心掛けていく事が大切になってきています。

PC向けのブラウザは、HTMLレンダリングエンジンやJavaScriptエンジンがパソコンの性能を活かせるように最適化されており、多くのWeb技術を処理出来る仕組みになっています。
しかし、スマートフォン向けのブラウザは、端末のプロセッサの性能が低く、メモリ搭載量が少ないですので、PC向けのブラウザと同等の事を完全に実現する事はまだ難しいです。
その為、近年では、PC向けのWebサイトだけでなく、モバイル端末向けのWebサイトの制作を行うケースが増加しています。

スマートフォン向けのサイトのデザインは、PC向けと違って、ボタンの大きさが大きく、縦にスクロールしやすい縦レイアウトになっているのが特徴です。
また、少しオシャレな感じにしたい場合には、画像を活かして、1から2カラムで見出しが分かりやすいようにレイアウトするといった方法もよく行われます。

Webオーサリングツールなどでは、PC向けのレイアウトを施したテンプレートだけでなく、スマートフォン向けのレイアウトを施したテンプレートを搭載するようになってきていますので、PC向けとモバイル端末向けのレイアウトを分けたい時には重宝するでしょう。
ホームページ作成は、効率良く作成出来る環境を整える事が必要です。
WebオーサリングツールやCMSを併用するケースは多く、ページ数が多いサイトでは有効な制作手法です。
スマートフォン向けのホームページ作成でも効果的であり、ページ数が多ければ活用出来ます。

また、PCサイトとモバイルサイトのHTMLソースコードを共有させ、CSSでデザインの切り分けを行うといった事も可能です。
このような制作方法を活用すれば、ホームページ作成に無駄が生じず、より効率的に開発が行えます。

企業サイトでは、SEO対策を施しているケースが多いですが、PC向けのサイトだけでなく、モバイル向けのサイトでもSEO対策を行っておくと良いでしょう。
検索エンジンは、PC向けだけでなく、モバイル向けもありますので、両方からのアクセスが期待出来るからです。”